土曜分の各予想家のマル秘メモを一気に紹介!
「各予想家」マル秘メモをリアルに公開! レース前に一読くださいね!

-----------------

▼予想家

『3単マルチ万券王「美浦の馬券師・Shu」』

取材メモ:不変の儲け所「未勝利」の中でも特に盲点となるのが…

こだわり解説:さていよいよ競馬の祭典「日本ダービー(GI)」ウィーク、情報主役の2場開催という事で、まずは土曜である程度の利益を確保した上で、あわよくばダービーまで一気に的中したい所だ。敢えてダービーを「あわよくば」としたのは現段階ではサートゥルナーリアが軸ではないからだ。理由は重箱の隅を突くような事かも知れないが、圧倒的人気馬がいる時こそマルチは最大限の効力を発揮する。詳細は買い目を見てもらえば分かる、楽しみにお待ちいただきたい。

さてそのダービー前日だが、当然これまでと変わらず「3歳未勝利」「マルチの妙」を狙って行く。その中でも関係者サイドから面白そうな話が聞けたのが東京3R「3歳未勝利」、曰く「裂蹄で予定が伸び伸びになったが、この馬に関して言えば休ませた事がむしろ良かったんじゃないか?以前に比べて大分成長を感じるし、素質だけで言えば未勝利の器じゃない。稽古も動くし、これは期待している」との話。

お察しの通りこの時期の未勝利はレベルが低いが、その中でも特に目立たない存在。その理由としてはこの厩舎自体が速いタイムで稽古をこなす事が少なく、稽古時計も内容の割に地味そのものという事が挙げられる。とはいえ、この厩舎がココまで噴くのは珍しく、相当な自信がある事には違いない。

今週は情報集癪の2場開催、未勝利自体も3場開催に比べれば少なく、一つでも多くの未勝利戦に参加した上で、日曜のダービー資金をその手におさめて貰いたいと思う。

「美浦の馬券師・Shu」マル秘メモは【土・東京03R 3歳未勝利】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『一撃爆穴スナイパー「参謀・大和」』

取材メモ:「条件が条件だけに度外視して良い」「デキはすこぶる良い」ダービー前日一撃大強欲

こだわり解説:先週土曜に続きまた「なんてこった」だ。先週日曜はまさかの万券的中ゼロ。Shuが14万馬券に締めの最終で5万馬券を的中させ、さらにあの的中量産マシーン、堅いシバタ氏まで万馬券を的中させているにも関わらずだ。土曜の12万馬券的中の1本で勝ち確となったように、我ながらアップダウンの激しい荒波の週であった。そもそも、万券的中ゼロの日など何時以来の事だろうか。波は完全に底まで下がった事は明らかであり、此処から先は反転の波に乗るのみだ。今週も先週の12万馬券的中のように「1鞍で1日の勝ち」が確定するポテンシャルを秘めた爆穴情報を揃えている。波は待ってはくれない、大波に乗る勇気を持って勝負の大海に漕ぎ出せるか否か。英断を祈る。

推奨は京都最終。◎に指名した馬はまさに爆穴中の爆穴だが「前回はスピードに乗らなかっただけ。条件が条件だけに度外視して良い」「デキはすこぶる良い」と陣営の感触からは激走の素地。強欲に一撃を狙ってゆくレースだ。グッドラック。

「参謀・大和」マル秘メモは【土・京都12R 4歳上1000万下】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『オフレコ情報局「現役特捜記者集団MR」』

取材メモ:荒れる重賞には理由アリ、それを紐解けば辿り着くのはこの1頭

こだわり解説:ダービー前日に行われる重賞が京都1200mを舞台に行われる「葵S」、昨年から重賞に格上げされたが、その一発目から9人気ゴールドクイーン、6人気ラブカンプーの大波乱決着となった様に、基本的にはオープン特別時代を踏襲した“荒れるレース”と見て良いだろう。

とはいえ、このレースが荒れる要因としてはやはり初戦クラシック組が不当な人気になっている事に他ならない。今年のメンバーでも一旦はクラシックを目指し、距離で頓挫しここに回ってきた組が見受けられるが、詰まる所、そういった馬は聞き覚えがあるだけに、多少の実績でも過大評価を受けやすい。

これが桜花賞馬が参戦するならともかく、桜花賞大敗組が「距離」というだけで人気になる。いわゆる競馬ファン殺しのレースとも言える。もちろんクラシック出走組が走らないという話ではない、要はこの時期に横の比較がしっかり出来るか否かに懸かっているという事だ。

現にこのレースは波乱決着が多いが、昨年2着のラブカンプーをはじめ、2016年のナックビーナス、2013年のティーハーフ、2011年のロードカナロア、2010年2着のカレンチャンなどGI級がズラリ。これを見れば既述の“この時期に横の比較がしっかり出来るか”の重要性がいかほどかはお分かりいただけると思う。

このレースのポイントだが、やはりクラシック転戦組か、そうでないかの組どちらを上に取るかに尽きる。我々が狙うのは「以前は使うと捌きが硬くなったが、最近ではそんな素振りもない」「直前はやや抑えたがそれでも動きは特出していた」「先々は?も現段階での完成度は非常に高い」「トモのバランスが本当に良くなった」など複数記者が聞いても絶賛の声しか出てこない1頭。この条件も願ったり叶ったり、伏兵を交えた攻守兼備のフォーメーションで挑む。

「現役特捜記者集団MR」マル秘メモは【土・京都11R 葵S】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『世界基準の最重要騎手解析データ「某社所属・ヤマモト氏」 』

取材メモ:まだ軽い京都の馬場なら前残りを警戒すべき

こだわり解説:今週で11日目、12日目を迎える京都競馬場。本来ならば、芝のレースは差し馬の台頭を考えるのがセオリーですが、先週の競馬を見る限り、現状の京都、それほど馬場が悪いとは思えず、実際に前残りのレースもありましたし、上がり33秒台をマークする馬も多く見られました。年明けから2月にかけての京都開催では“重い芝”でしたが、それに比べると、今はまるで別の競馬場のようです。

京都10R「朱雀S」はロライマ、レインボーフラッグといった差し馬が競馬週刊誌を見る限り人気を集めそうですが、今の馬場では届かずの可能性があると思います。先週、日曜日のマル秘メモで“少点数で仕留められる”とお伝えした御室特別ではお約束どおり、馬単3点で2380円の的中をお届けしましたが、その際に1番人気であったアロマドゥルセは上がり33秒3をマークしながら3着まで。そういったケースがロライマ、レインボーフラッグにあっても不思議ではないと思うのです。となれば、注目すべきは前に行く馬。今の軽い馬場なら前残りを警戒するべきです。

「某社所属・ヤマモト氏」マル秘メモは【土・京都10R 朱雀S】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『ロイヤルフォーメーションの使い手「穴党のカリスマ・A氏」』

取材メモ:ここだけは押さえていただきたい「▲△△高配パターン」

こだわり解説:先週は万馬券的中本数14本、16万馬券と及第点の結果となったものの、土日連勝を狙った日曜日のメモ推奨レースで裏本命▲(※改めてだが、裏本命は3連単フォーメーション1列目の2頭目の馬を指す)に推奨した7番人気サンタナブルーが完勝したものの、相手馬が伴わず的中をお届けできなかった事が心残り。繰り返しお伝えしている通り、特に配当が大きい3連単を勝負券種とする一撃を主体とした予想家である私「A」、そして「Shu」と「大和」については、的中時の配当にブレが大きい分、収支の収束にも時間を要するが、リスクを背負う分、それだけ見返りは大きい。一撃主体の予想家予想で勝つための絶対、唯一無二のポイントは高額配当が的中するレースで逃さずに馬券を買う事の1点。長い目で見て欲しい。

さて、今週からレース横のコメントを絞らせていただく事となったが、私「A」については、とりわけ裏本命▲の一撃性と配当妙味が見込め、この裏本命▲から6桁配当級の超高額配当が見込めるレースに対して「▲△△高配パターン」と記載をさせていただく。この「▲△△高配パターン」の中から、土曜日のメモ推奨レースは東京メインの「欅S」とさせていただいた。裏本命▲に推奨した馬は単勝10倍のラインを超えてくるであろう穴馬だが、現場は「●●●●で絶好。このメンバーならば勝負にならなければ困る(※●●●●部分は裏ネタなので伏せさせていただく)」と人気以上に強気の裏ネタ情報アリ。ここで狙わない手は無く、自信のメモ推奨。

「穴党のカリスマ・A氏」マル秘メモは【土・東京11R 欅S】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『ハイリターン勝馬投資術「M社長×師童」』

取材メモ:このまま未勝利では終われない

こだわり解説:毎週、この予想家マル秘メモをお読みの方ならお気付きかもしれないが、『取材メモ“このまま未勝利では終われない”』は先週の土曜日と同じ。先週には、その負けられないとお伝えした土曜、京都2R、イグナーツが2番人気で1着。2着が1番人気の馬だったので配当は馬単740円と妙味はなかったが今の時期の未勝利においては迷わず狙うべき馬が存在するということをご理解いただけたことだろう。

東京2R「3歳未勝利」に出走する“ある馬”もこのまま未勝利で終わる訳にはいかない馬である。個人的に騎手の腕をどうこう言うのが嫌いな私であるが、さすがにこの“ある馬”の前走、負けたのは鞍上の責任と誰もが思えるレース振り。M社長は『ワシが乗っても勝てたんとちゃうか』と言うほど。それはともかく、まともなら2、3馬身差で勝てていたのではないか?当然、厩舎サイドはそのことにより、鞍上をチェンジしたが、今度こそは楽に勝てるだろう。

「M社長×師童」マル秘メモは【土・東京02R 3歳未勝利】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『ミスターパーフェクト「シバタ氏」 』

取材メモ:ダービー当週の同距離で行われる条件戦に旨み在り

こだわり解説:ダービー当週の500万下。いわゆる間に合わなかった組のレースとなるが、能力で間に合わなかったのと敢えて間に合わせなかったではその意味合いは違う。土曜の東京6R「3歳500万下」はまさにその後者を狙いたい。

今年のダービーは1000万から2頭が出走。事前の賞金ボーダーを考えればやや下がった印象でしたが、やはり上位との差は如何ともしがたく、記念出走となる可能性が高いと言えます。ただし、記念出走と言えどダービー、出せるなら出したいと考えるのがほとんどのオーナーと言えるでしょう。

その中で、実を取ったのがここに出走するとある1頭。陣営関係者からは「前走はちょっと可哀想な競馬だったが、能力は高い。要は気持ちの問題ですが、今週の稽古では馬具を工夫する事で集中力も出たし、集中して走れば自己条件で負ける馬じゃない。体も出来てますし、ここは何とかしたい」と、星勘定まで。

元々デビュー時の評価はこの厩舎にあってトップクラスの評価だっただけに、此処への出走は本位ではないものの、ダービーで終わりではありません。順調に行けば秋には重賞への出走も見込まれるだけに、そんな馬が自己条件でこの人気なら買わない手はありません。

「シバタ氏」マル秘メモは【土・東京06R 3歳500万下】予想購入はコチラ


TOPに戻る
(C)SPACE CULTIVATION MOBILE