日曜分の各予想家のマル秘メモを一気に紹介!
「各予想家」マル秘メモをリアルに公開! レース前に一読くださいね!

-----------------

▼予想家

『3単マルチ万券王「美浦の馬券師・Shu」』

取材メモ:「能力がバレてない今回が絶好の買い時となる盲点の伏兵」

こだわり解説:土曜は組み合わせが噛み合わず個人的にもヤキモキした結果に終わったが、メモ対象レースの断然1番人気が3着など狙い自体は間違ってない。まぁ高配当に関してはハマリ待ちの部分が大きいだけに多少の期間を見てもらえればそれなりに数は出ると土曜の結果を見て確信しただけに今後もご期待いただこう。早速日曜のオススメに行かせてもらうが、対象は1回中山最終日の中山2R「3歳未勝利」から。おおよそ3頭が上位人気を形成しそうなレースだが、以前も話した様にこういったレースこそ好配当を狙うのに適しており、上位人気以外が入線すればその時点で配当は跳ね上がる。もちろんココでの◎はその上位3頭ではなく、関係者サイドが「いつも稽古の見栄えは悪いが、今回は輪を掛けて悪かった。ただ状態は悪くないし、一番期待しているのはこの馬なんだ」と最終日を狙って来た感アリアリの1頭。前走のレース前からこの条件を使うプランはあり、言わば待望の条件替り。ココで走ってしまえば次回以降は旨みがなくなるだけに、今回狙うのが正解だ。もちろん継続してお伝えしている中山1200と1800のダート戦の下級条件も最終日だけにアツい、前半で勝負を決めた上で重賞を含めた午後を楽しんでもらえればと思う。

「美浦の馬券師・Shu」マル秘メモは【日・中山2R 3歳未勝利】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『一撃爆穴スナイパー「参謀・大和」』

取材メモ:オモテに出ない「情報」は全レースに潜在的に存在する グッドラック

こだわり解説:やはり3場開催は面白いな。その理由に関しては昨日のメモをご覧いただくとして、そのメモ内で述べた、

「数々の偏りが生まれるのはローカルに限った事ではなく、中央馬場にも十分それに値する話や、盲点馬が多数潜伏している状況」

という話。全レース参加の会員の方たちなら気付いているかと思うが、いくつか“狙った”レースを仕込んでいた。それがズバリとハマったのが京都4の新馬で、8人気からの3単7万馬券を仕留める事が出来た。欲を言えば3、4着馬にもう少し頑張ってもらい、6桁配当をお届けしたかった所だが、20万近い払戻金となっただけに及第点と言えようか。

先述の「偏り」とは言うまでもなく「実力とオッズの乖離」=「馬券の正解」に当たる部分となる訳だが、そうなる原因はやはりオモテに出ない「情報」に他ならない。そしてそれは何も注目度の高い重賞や後半戦のみならず、どのレースにも潜在的に存在する。より「妙味」という観点のみで話せば、今回のような新馬戦が最適と言えるかもしれないな。

そのあたりの温度差、情報の熱量に関してはレース脇コメントをしっかりとご覧いただければある程度は判断出来るようにしている。資金の関係で全レースに参加出来ない一部の会員の方たちは、しっかりと注目していただければと思う。儲けるチャンスは意外な程、身近に転がっているものだ。

中京最終。オープニングの2万馬券を難なく仕留めた土曜だったが、最終まで的中の花火を打ち上げる事だ出来なかった。このフラストレーションは日曜に晴らしていただければと思う。どのレースも楽しめるはずだ。グッドラック。

「参謀・大和」マル秘メモは【日・中京12R 大須特別】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『オフレコ情報局「現役特捜記者集団MR」』

取材メモ:平場&特別戦は中山に注目、ただし重賞は断然中京

こだわり解説:昨年12月から年末年始を挟み、2連続開催となっている中山。厳寒期に散々使い込まれた芝はテレビ画面越しに見ても分かるほどデコボコしており、いかにもひと波乱起きそうな気配が漂っていたが、終わってみれば最終レースが101万馬券になったぐらいで、6桁配当すら7Rの10万6380円の1本のみ、3連単ですら1万円に届かないほどの堅い決着が実に7鞍。

クラス上位の実力をしっかり持っている馬の場合、負けたとしても2着3着には踏みとどまってくれることが多い。芝が荒れている開催や、凍結防止剤が撒かれてパワーが必要になる冬場のダート戦ではこの傾向がより顕著になるため、基本的に土曜中山では実力馬からの「ヒモ荒れ」を狙っており、結果的に12鞍中10鞍で的中。中には想定以上に堅い決着になってしまったレースもあったが、メインレースの7820円、8Rの1万3410円でトータル収支は十分プラスを計上することができた。大まかな傾向としては日曜も似たようなものになると見ており、ヒモ荒れ好配当を兼ねた的中を最優先にして狙うのであれば、まず中山の実力馬に注目するのが良いだろう。

ダート戦に関しては時期的な理由が大きいからか、他の2場でも似たような傾向が見られたが、ここで特に気になるのが中京ダートで開催される日曜の「11R 東海S」だ。前日1番人気の支持を集めているのは連勝中かつ重賞初挑戦のインティで、単勝は現時点で1倍台半ば。上記のとおりこの時期のダートは特に「クラス上位の確かな実力」が好走の必須条件となってくるが、連勝の勢いがあるとはいえ初の一線級相手で、他媒体でも報じられているとおり右回りの方が断然得意な馬体の持ち主。それなりの能力はありそうだが、大敗しかねない要素もそれなりに多く、単勝1倍台で積極的に軸にするのは勇気がいる。ここもインティの存在によって妙味が増している「クラス上位の確かな実力」を軸にして、ヒモ荒れを狙うのが得策と見ている。

「現役特捜記者集団MR」マル秘メモは【日・中京11R 東海S】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『世界基準の最重要騎手解析データ「某社所属・ヤマモト氏」 』

取材メモ:動き絶好な新馬を狙い撃ち

こだわり解説:先日の予想家マル秘メモで「2019年から始まったリステッド競走的中率100%」という事実に気付き、そこからたびたび話題にしてきましたが、土曜の「若駒S」「すばるS」を連勝したことでトータル6戦6勝・的中率100%になりました。
もっとも若駒Sは昨日のここで推奨していた妙味十分な伏兵△ショウリュウイクゾが6番人気で僅差4着、買い目に入れていたもう1頭の伏兵△フェアリーポルカが8番人気3着と、揃って人気以上の激走を見せたものの連対には至らず、上位2頭は人気馬同士。すばるSの的中などで総合的にはプラスでしたが、当ててマイナスのレースが入った「連勝継続」は少々心苦しいところもあります。日曜はリステッドレースが無く、来週土曜に予定されている2鞍を的中させれば「1月のリステッドレース的中率100%」になりますので、引き続き連勝を狙っていきたいですね。
というわけで日曜の狙いは、私のもう1つの得意条件である新馬戦から「京都6R」の芝マイルを。キャプテントゥーレの半弟や桜花賞馬レジネッタの仔、暮れの阪神Cを制したダイアナヘイローの全弟などなかなか豪華な顔ぶれになっていますが、各競馬紙などを見る限り、恐らく1番人気はキャプテントゥーレの半弟で父オルフェーヴルのシルヴァーソニックでしょうか。実際に関係者からもそれなりに良い話を聞いている馬ではありますが、あくまで「それなり」といったところで、所属厩舎や血統背景による期待値といった色眼鏡を外して見たら、動き自体はせいぜい3、4番人気相当といったあたりでしょう。
実はこのレース、1頭物凄く評判の良い馬がいるんですよね。こちらも上位人気になるであろう馬ですが、件のシルヴァーソニックが人気を集めてくれる分、相対的にこちらの妙味が急上昇。いかにも新馬戦らしい状況と言えるでしょう。軸を見誤らないようにして、しっかり美味しい配当を取っていきたいですね。

「某社所属・ヤマモト氏」マル秘メモは【日・京都6R 3歳新馬】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『ロイヤルフォーメーションの使い手「穴党のカリスマ・A氏」』

取材メモ:日曜も固め打ちを 鉄板級の◎と超盲点級の▲

こだわり解説:土曜から始まった中京開催は5R障害戦での11万馬券を始め、5本の万馬券が的中。さらに当欄で記載していた6Rでも資金調達に成功するなど、一日を通してやや“出来過ぎ”感があったものの、年明けからの流れの悪さを断ち切る事が出来たようだ。もちろん中京のみならず、場別で見ても中山・京都とそれぞれ収支はプラス。「儲け所が増える」とは昨日に言ったばかりだが、この調子で重賞2鞍が行われる日曜も固め打ちを決めたい所だ。

日曜のメモも中京から。中京3R「4歳上500万下」。土曜は資金調達という事で鉄板級の2頭を頭に置いたフォーメを提供させてもらったが、もう少し刺激があった方が面白いだろう。このレースは鉄板級の◎と、超盲点級の▲を組み合わせたロイヤルフォーメ提供。配当は無限に広がる一鞍となる。重賞前に面白い勝負をお届けしよう。

「穴党のカリスマ・A氏」マル秘メモは【日・中京3R 4歳上500万下】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『ハイリターン勝馬投資術「M社長×師童」』

取材メモ:当てに行くだけでは勝てない どの馬にも「適正オッズ」は存在する

こだわり解説:京都1のベイスンストリートは人気になり過ぎてたな。人気の形成に大きな影響を与える新聞でも厚い印が並んでいた訳だが、まさか最終的に1.2倍とは……。かく言う我々はその人気を嫌った一方で、距離延長に手応えを感じていたスマートアルケミーからの馬単を選択したのだが、1人気に票が集中していただけあって2人気→3人気の組み合わせでも60倍以上のオッズが付いていた。この一撃で京都の勝ちを確定させてしまうのだから、競馬は簡単だな。もちろん勝率という見方をすればベイスンが最も高いのだろうが、このレースで1倍台前半の支持を集めるほど抜けた存在かと言うと、答えはノー。当てに行くだけでは勝てない、いいサンプルレースだったと言えよう。中京2R「3歳未勝利」。エンダウメントが人気になりそうなメンバー構成だが、この馬に「適正オッズ」が存在する。どうも過剰な人気になりそうなだけに、盲点となっているあの馬に食指が動く情勢。60倍じゃ済まない可能性も十二分にある、とだけ言っておこうか。

「M社長×師童」マル秘メモは【日・中京2R 3歳未勝利】予想購入はコチラ

-----------------

▼予想家

『ミスターパーフェクト「シバタ氏」 』

取材メモ:「妙味と精度は開催随一クラス、見逃し厳禁の勝負鞍」

こだわり解説:日曜は中山でAJCC、中京で東海Sと最終週と開幕週の競馬場で重賞が行われますが、重賞以上に個人的に勝負したい衝動に駆られるのが中京10R「金山特別」。今回に向けて関係者付近からは「前回は勝ち馬の決め手に屈した形ですが、この条件は安定しているし、ざっと見ても前走の勝ち馬クラスはいない。余程のことがない限りここは大丈夫でしょう」と勝ち星計算に入れている1頭。これまでのレースを見る限り負けるパターンが確立しており、今回のメンバーを見てもそのパターンに当てはまる可能性は限りなく低いと見ます。別の関係者からは「以前に比べても見違えて体つきが良くなった」「オーバーワークを避けた稽古だっただけに時計自体は平凡もここに向けてキチンと仕上げて来た」など有力情報が多数入っており、此処は堅軸。とはいえ他にも中京という事で人気を集めそうな馬もおりますし、見立てでは上位人気の少し後ろくらい。妙味と精度が高いレベルで安定したこのレースから重賞が日曜午後の推奨ルートとお伝えしておきます。また前半戦は京都に有力情報が多く、軍資金調達は前半戦の京都、特にダート戦をお奨めさせていただきます。

「シバタ氏」マル秘メモは【日・中京10R 金山特別】予想購入はコチラ


厳選FIVE「無料ナビ」(無料・人数制限ナシ)のお申し込みもお忘れなく!

厳選FIVE「無料ナビ」申込はコチラ!


TOPに戻る
(C)SPACE CULTIVATION MOBILE